歯科技工室

診療カレンダー
歯科技工室

現在歯科技工士は2名で全員10年以上のベテランです。 治療室の隣りに技工室があり、常に歯科医と技工士が銀歯・入れ歯などの設計を相談しています。前歯の色合わせ、入れ歯の設計などは直接技工士が患者様と打ち合わせをいたします。それでも型の変形、前歯の色があわない、設計的に無理があるものなど技工物がぴったり合わないことがあります。長く使うものなので、無理して装着せず修正して再製作をいたします。

医療保険銀歯は2年間、保険外は3年間の無料保証を行っています。

 
入れ歯専門技工士

入れ歯専門技工士が毎月70個以上作製しています。

 
最新設備

最新設備が整っています。

 
直接患者さんと相談

前歯の色・形は技工士が直接患者さんと相談します。

e-maxファーネス

つめ物とかぶせ物をセラミックで作る最新機材を導入しました。今までに比べ高品質のつめ物・かぶせ物が作製できます。ポーセレンインレー(クラウン)とも呼ばれ、100%セラミック(陶器)で作製されています。セラミックのため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、天然歯のようなきれいな状態を持続することができます。
新素材(e-max)により100%セラミックの衝撃に弱かった短所が改善されました。

e-maxファーネス e-maxファーネス e-maxファーネス
アルゴンキャスター

金属製入れ歯を作成するため高熱で金属を溶かし精密に型に流す機械です。
金属の変形を最小に抑えます。入れ歯の金属部分を正確に作製します。

 
アルゴンキャスターAE

アルゴンキャスターAE
無酸素吸入加圧式自動鋳造機

 
新しい金属製入れ歯

新しい金属製入れ歯
金属の使用で薄く頑丈な入れ歯

 
7年たった金属入れ歯

7年たった金属入れ歯
ピンクの歯肉と歯は修理可能です

ドリーム21

精度の高い入れ歯を自動製作する機械です。入れ歯作製工程を単純化し早く正確に作ります。
日本でで現在50台しかなく、神奈川県では当院だけです。

 
ドリーム21
 
ドリーム21
 
ドリーム21

自動義歯製造装置ドリーム21導入より正確に3種類の入れ歯ができるようになりました。
レジン入れ歯(一般的健康保険入れ歯)・スルホン入れ歯(特殊健康保険入れ歯)・ 自然入れ歯(自費治療)の3種類です。